多磨霊園の墓石  榎本石材    新着情報

施工例 多磨霊園

施工例 多磨霊園 浮金石

多磨霊園の芝生墓地に浮金石の洋型墓石を建立させて頂きました。

浮金石は国内で産出する限られた黒御影として福島県黒石山で採掘されます。

浮金石

黒御影は通称であり、岩石としては斑れい岩に分類されます。

陽光に反射すると金が散りばめられたような独特の石の模様を持つのが特徴です。

採掘量も限られ、墓石として使われる部分は厳選された極めて一部分であり、したがって大変高級な石材になります。

見掛け比重 2.997t/㎥

吸水率 0.011%

圧縮強度 120.82N/㎟

 

泰震プレートの接着

 

目立つほど存在感がある美しい石ですので、ご紹介させて頂きました。

お客様のご要望で直線的なシンプルな形状になり、竿石は斜めに大きくカットして上向きのすっきりとしたデザインとなりました。

大切な人のお墓に何度も修正を重ねられて、イメージ通りの仕上がりにお客様もご満足して頂けました。

施工例 多磨霊園1.83㎡

多磨霊園の面積1.83平米のお墓所が完成しました。


お客様と打ち合わせを重ね様々な検討がなされました。
最終案はフラットな形状の洋型となり、インド赤のプレートにファントーニダブルの桜の彫刻が良く映えます。
通路のデザインはお客様のご要望で市松模様とし、余白がないように割り方にこだわりを持って寸法を調整しました。

内部のカロート空間は2段棚となっており、壺で12個収蔵可能です。全て石棺となり、見えない細部ですが広い内部を実現しました。



石材は外柵にロイヤルブラウンを選択されました。
ブラウン系の石目は珍しいですが、均一で安定した石材なので大きい部材も安心して注文できると思いました。洋型のM1Hを引き立てます。

側面の建之にはご家族みんなの直筆の名前を写し取り彫刻されております。亡きお父さんを思い出して書いて頂いたと思います。

ご家族の想いが込められたお墓になりました。

施工例 多磨霊園 3.4㎡

多磨霊園の施工例をご紹介します。

面積は3.4㎡、奥に向かって傾斜があり、地面の基準線を奥にとりました。

基礎工事及びカロートを打設します。

お墓は手を合わせる石碑からなる外観だけでなく、お骨を収める内部空間も広くとってあげる方が好ましいと考えております。

カロートの中は壺で12個は収まる2段棚のスペースと、お骨を土に返せる場所が用意してあります。

地震対策の「泰震」プレート施工により完成。

石碑の石種は人気があるグレー系の中でも目の細かいインド雪花です。

息子さんが正面文字のデザインを考慮し桜のワンポイントが目を引きます。

ご納骨の際はお施主様のお母様とお孫様も含めて4世代が集まり、生前お好きだったワインをお供えされました。

賑やかなご家族に偲ばれて奥様もきっと微笑んでおられると思った埋葬式でした。

(有)榎本石材 榎本高士

多磨霊園ー防草施工

多磨霊園での防草施工を行いました。

お客様より夏の草むしりが大変で何とかしたいとご要望を頂き、

真砂土施工をご提案しました。

この真砂土は倉敷から取り寄せた国交省認定の地盤改良用のもので、

施工後は水を浸透させますがカチカチに固まります。

 

土の取り除き

 

砕石による床作り

真砂土敷き

散水して均します

化粧砂利敷き

 

最後に化粧砂利を敷いて完成です。

コンクリとの違いは水はけが良いことです。

夏のお掃除はずいぶん楽になると思います。

(有)榎本石材

 

施工例-多磨霊園1.95㎡

多磨霊園の1.95㎡のお墓所工事を承りました。

滋賀県からご先祖様ご両親の改葬があり、ご先祖様のお骨は土に帰す事になりました。

基礎工事配筋後

基礎工事打設後

切り抜いている部分が土に帰すスペースとなります。

カロート内底板

カロートの中は本磨きの底板で仕上げてあり、底板を外すと土のスペースが用意されてます。

 

泰震施工

地震対策用の泰震プレートの設置です。

石材下端に接着剤と金具付きのクッションにより震度7の地震の影響を抑える事が出来ます。

 

洋型3段高級型

設計のポイントはお客様が洋型の高さに対するご要望があり、

目線が低くならないように各部材を標準より高めに設計しました。

石材はインド材の高級ランクのM1-Hをお選びいただきました。

息子さん夫婦とお孫さんのご家族と共に無事に改葬を終える事が出来ました。

施工例ー多磨霊園1.9平米

多磨霊園の最も多い形状の1.9平米のお墓所の施工を行いました。

 

基礎の根切り及び配筋

 

お客様は出来上がると最初の土地より大きく見えるそうです。

今回も基礎を根切りして転圧を行い配筋を行います。

 

基礎コンクリ打設

 

その後コンクリを流し込みます。型枠で囲った部分はお骨を土に帰せるように残します。

特にこのような形状のお墓は重心が後方にかかりやすい為、不同沈下しないよう慎重に基礎工事を行います。

 

泰震施工

 

コンクリ打設から1週間以上養生後、石工事を行います。

泰震という地震の揺れを吸収するゲルを石碑の下端に4点付着させて接着剤で固定します。

その周囲に接着剤で目地をしますので、内側と外側両方で接着をする事により、耐震性が高められます。

 

石工事完成

 

お墓所が完成しました。使用する石材は外柵・石塔とも茨城県産の真壁小目です。

引渡しの時は仕上がりにお客様も満足して頂きました。

 

ご納骨

 

梅雨の時期の埋葬となりましたが、雨に降られず無事に納めさせて頂きました。

父の為に息子さんが建てられたお墓となりました。

(有)榎本石材

TEL:042-361-8282

MAIL:enomoto@minos.ocn.ne.jp

 

 

施工例ー多磨霊園ファントーニ彫刻

多磨霊園の2㎡のお墓所が完成しました。

立体彫刻のファントーニでバラをワンポイントに加えました。

多磨霊園2㎡お墓所

 

洋型の石碑は二段で、竿石の上部は緩い曲線を描いています。

お父様の供養の為にお客様が細部までデザインされて建立されました。

(有)榎本石材

東京都府中市白糸台1-59-22

TEL:042-361-8282

MAIL:enomoto@minos.ocn.ne.jp

施工例ー多磨霊園ガラスモニュメント

多磨霊園1.95㎡の敷地にガラスモニュメントによるお墓を施工致しました。

亡くなられたご主人様の為に奥様がご家族と相談してガラスの色や形状をお決めになりました。

ガラスモニュメントによるお墓所

 

使用されたガラス材は4thPLACE社の光り墓シリーズで、

ランドグレンモニュメントとしてシアトルで製作された作品です。

土台は中心となるガラスが美しく映り込むようにインド黒御影でも

目が細かいPANを使用しました。

 

石棺内部

 

手前の石を手前に引き出して、ふた石をのせて目地を施します。

底板は取り外せる仕様で、土に帰せるスペースが用意されています。

(有)榎本石材

mail:enomoto@minos.ocn.ne.jp

hp:e-stone.info

 

 

 

施工例ー多磨霊園カロート改修

開花のピークは過ぎてしまいましたが、

多磨霊園の桜も有名です。

 

多磨霊園内の桜

今回は東京都発注の工事の下請けをさせて頂きました。

カロートが大木の根により壊れてしまい、コンクリートを打ち直す工事です。

石材一時取外し

カロートの撤去

深さは2m以上あります。

型枠設置

鉄筋のピッチなど細かい指示がありました。

打設完了

石碑を据え直して完成。

棚が4段あるので、100個の壷が納められる程大きいカロートでした。

施工例ー多磨霊園1.95㎡

多磨霊園の1.95㎡の工事を担当させて頂きました。

この日は埋葬があり、あいにくの雨となりました。

埋葬準備

 

雨の日は接着剤がつきませんので、晴れた翌日に目地を行いました。

多磨霊園1.95㎡洋型

石種はインドグリーンのM1H、ファントーニ文字。

前後左右のお墓の高さと合わせて仕上げることが出来ました。

 

▲ページのTOPへ