多磨霊園の墓石  榎本石材    新着情報

新着情報

施工例 多磨霊園 浮金石

多磨霊園の芝生墓地に浮金石の洋型墓石を建立させて頂きました。

浮金石は国内で産出する限られた黒御影として福島県黒石山で採掘されます。

浮金石

黒御影は通称であり、岩石としては斑れい岩に分類されます。

陽光に反射すると金が散りばめられたような独特の石の模様を持つのが特徴です。

採掘量も限られ、墓石として使われる部分は厳選された極めて一部分であり、したがって大変高級な石材になります。

見掛け比重 2.997t/㎥

吸水率 0.011%

圧縮強度 120.82N/㎟

 

泰震プレートの接着

 

目立つほど存在感がある美しい石ですので、ご紹介させて頂きました。

お客様のご要望で直線的なシンプルな形状になり、竿石は斜めに大きくカットして上向きのすっきりとしたデザインとなりました。

大切な人のお墓に何度も修正を重ねられて、イメージ通りの仕上がりにお客様もご満足して頂けました。

施工例 多磨霊園1.83㎡

多磨霊園の面積1.83平米のお墓所が完成しました。


お客様と打ち合わせを重ね様々な検討がなされました。
最終案はフラットな形状の洋型となり、インド赤のプレートにファントーニダブルの桜の彫刻が良く映えます。
通路のデザインはお客様のご要望で市松模様とし、余白がないように割り方にこだわりを持って寸法を調整しました。

内部のカロート空間は2段棚となっており、壺で12個収蔵可能です。全て石棺となり、見えない細部ですが広い内部を実現しました。



石材は外柵にロイヤルブラウンを選択されました。
ブラウン系の石目は珍しいですが、均一で安定した石材なので大きい部材も安心して注文できると思いました。洋型のM1Hを引き立てます。

側面の建之にはご家族みんなの直筆の名前を写し取り彫刻されております。亡きお父さんを思い出して書いて頂いたと思います。

ご家族の想いが込められたお墓になりました。

施工例 稲城府中メモリアルパーク芝生墓地

稲城府中メモリアルパークの芝生墓地のプレート製作をご用命頂きました。

奥様のスケッチをもとに原稿を作成し、何度か打ち合わせを進めてまいりました。

 

 

 

石材はインドグリーンのM1H

彫刻はファントーニダブル

側面には息子さんの建之が彫られております。

角度によって変わる石の表情があり、

仕上がりにイメージ通りとお客様にも喜んでいただきました。

引き渡しにはお客様にご満足頂けているかとても気になります。

良い評価を頂けると嬉しく思います。感謝の念と同時に次の仕事への原動力になります。

施工例 多磨霊園 3.4㎡

多磨霊園の施工例をご紹介します。

面積は3.4㎡、奥に向かって傾斜があり、地面の基準線を奥にとりました。

基礎工事及びカロートを打設します。

お墓は手を合わせる石碑からなる外観だけでなく、お骨を収める内部空間も広くとってあげる方が好ましいと考えております。

カロートの中は壺で12個は収まる2段棚のスペースと、お骨を土に返せる場所が用意してあります。

地震対策の「泰震」プレート施工により完成。

石碑の石種は人気があるグレー系の中でも目の細かいインド雪花です。

息子さんが正面文字のデザインを考慮し桜のワンポイントが目を引きます。

ご納骨の際はお施主様のお母様とお孫様も含めて4世代が集まり、生前お好きだったワインをお供えされました。

賑やかなご家族に偲ばれて奥様もきっと微笑んでおられると思った埋葬式でした。

(有)榎本石材 榎本高士

多磨霊園ー防草施工

多磨霊園での防草施工を行いました。

お客様より夏の草むしりが大変で何とかしたいとご要望を頂き、

真砂土施工をご提案しました。

この真砂土は倉敷から取り寄せた国交省認定の地盤改良用のもので、

施工後は水を浸透させますがカチカチに固まります。

 

土の取り除き

 

砕石による床作り

真砂土敷き

散水して均します

化粧砂利敷き

 

最後に化粧砂利を敷いて完成です。

コンクリとの違いは水はけが良いことです。

夏のお掃除はずいぶん楽になると思います。

(有)榎本石材

 

田無神社 龍の口設置

今年令和2年は田無神社の御遷座350年目にあたり、記念として境内の龍神池に龍の口を施工させていただきました。

境内にあった手水鉢を加工し、龍を取り付けました。

台石設置

 

メンテナンスも考慮し2重のホースを石材に通すのですが、

穴も深さが70cm必要となり、特殊な加工です。

無事に設置が済み、水を流せば宮司様からすごいの一言をいただきました。

この池はテレビでビオトープ作りの番組があったそうで、

龍から水を出したいという2年越しでの希望が叶ったと宮司様がお話しくださいました。

加工された水鉢の設置

池から拝殿を見る角度にて

photo by Takayuki Amano

龍の首が垂直ではなく、また井戸水の為水量がとても少なく、

水が美しく池に落ちてくれるか最後まで心配でしたが、

加工や施工の職人さんのお陰で無事に収めることができ、感謝しております。

 

お墓所移設工事

お墓を引越しお骨を移す事を改葬といいます。
今回は4平米のお墓を佼成霊園の5平米に改葬をした施工例をご紹介します。

移設前


通常は石塔だけ磨き直しをして移設するのですが、外柵も持っていきたいと強いご要望を頂きました。
外柵の石材の間口は寸法を切り落とし、奥行きは部材を追加して調整して外柵移設が完了。

茨城県の真壁小目石の石塔を磨き直し、ペイントを入れ直して表文字の文字の清掃を終えて墓石の完成。

改葬のご納骨が営まれました。

移設後


外柵の移設は初めての経験で部材の寸法に関しては幅、高さの微妙な誤差の苦労もありましたが、

お客様のご要望に応えられる石材店を目指しまして、いろいろと現場を勉強させて頂きながら無事に工事が終えることができました。

 

府中市プレミアム商品券ふちゅチケの取扱店です

府中市のプレミアム商品券である

地元応援商品券「ふちゅチケ」の取扱店です。

お墓所工事、埋葬料、戒名彫刻、稲城府中メモリアルパークのプレートなど

代金を「ふちゅチケ」でお支払い頂けますので、

是非ご利用ください。

使用期間は令和3年3月10日です。

利用される場合は事前にご一報頂き、支払い時期と方法をご提案いたします。

庵治石の磨き直し

庵治石の五輪塔の磨き直しを行いました。
庵治石は香川県高松市庵治・牟礼地区の五剣山から産出する御影石で

青い独特の斑模様があり、硬くて緻密な国内最高の石として評価が定まっております。

今回は墓所移設に合わせて庵治石の五輪塔を工場で磨き直しをして頂きました。
IMG_4151.JPG


IMG_4152.JPG